HOME>アーカイブ>どんな物件であれば対応をしてくれるのか確認しよう

多く行われている施工方法

解体工事

神奈川県内で解体工事を依頼したい場合、解体を得意とする建設会社に依頼をするとよいでしょう。施工例が多い業者のほうがどういう解体を行うべきなのかよく理解をしているので、スムーズに進めることができます。海外ではダイナマイトを使った解体を行うことが多いですが、日本ではほとんど行われていません。それは危険が伴うということもありますし、規模がそこまで大きくはない場合が多いからです。一般的には重機を使って少しずつ解体をしていく、という方法を取ります。その際に粉じんなどが舞い上がらないように水をかけながら行うなど、周りへの影響を考慮して行うということが圧倒的に多いです。粉じんが舞い上がってしまうと健康被害も発生してしまいます。

どんな建物なのか知っておこう

解体工事

解体工事を行う場合、その対象物はどういうものなのか、ということも把握しておく必要があります。化学工場であれば当然化学物質が含まれている可能性もあります。適切な処理が行われているのかどうか、という点もチェックしなければいけません。神奈川県内で解体工事を請け負っている業者の中には対象物に関してしっかりと調査を行った上で施工方法を決めるというところもあるので、そのほうが安全です。

工事の期間を確認

解体工事

解体工事というと新築よりも短期間で完了をするというイメージがあります。しかし規模によっては長期間を要するということもあります。確実にそしてより安全に解体をするということが求められるので、規模に応じた工事期間が設けられているのかどうか、ということもチェックをするとよいでしょう。神奈川県内でも解体をしたいという物件が多くあるので、適切な工事期間で対応をしてもらう必要が出てきています。

広告募集中