HOME>記事一覧>安全性や周辺への配慮ができているのかどうか

目次

環境を考える

解体工事

解体工事を行う場合、場所によっては住宅地に接しているということもあります。その場合、粉じん被害などが起きないようにしっかりとした対策を取る必要があります。それだけではなく、業者が事前に解体工事を行うことを通知したり、近隣に挨拶に行くということも必要になってきます。近隣への配慮ができないような業者であれば、トラブルも絶えませんし、無責任な工事を行ってしまうこともあります。近隣対策をしっかりと行える業者なのかどうか、見極める必要があります。他のところでトラブルが起きていないのかどうか事前に確認をするとよいでしょう。

リサイクルを意識する

解体工事を行う際にリサイクルを意識して行う、ということがあります。単純に壊してそこで出たガレキなどを処分するのではなく、再利用できるように徹底した分別を推奨している業者もあります。分別をすることによって、ゴミをリサイクルすることができますし、意外なところに再利用をすることが可能になります。ですから、リサイクルに関してしっかりとした知識を持っている業者に解体工事を依頼したほうがよいでしょう。専門の知識を持っているのかどうかは、企業のウェブサイトをチェックすると分かるようになっていることが多いです。

広告募集中